2013.08.04

マインツ岡崎慎司「やってきたことは無駄じゃないと証明したい」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by AFLO

「日本代表だと、自分を分かってくれるしボールが出てくる」と、本人も語るように、出し手がいてこそ自分が生きる、ということをあらためて知らされた1年間だった。当時のラバディア監督は「日本代表のユニフォームを着せておけば得点を決められるのだろうか」と、冗談を飛ばしていたそうだ。ポテンシャルと得点能力を認めながらも、シュツットガルトは岡崎を上手く機能させることができなかった。

 マインツでは「攻撃的なポジションであればどこでもできる」と、トゥヘル監督から評価を得ている。そしてどのポジションで出場しても、指揮官からの要求はシンプルだ。

「点を取ってこいと言われるだけ。特に1トップに入った時には」

 プレイそのものについては任せられているのだと言う。その意味でこのフォルトゥナ・ケルン戦、シュートは後半に1本を放ったのみ。相手が引いていたことで出しどころがなかったこともあるが、岡崎が引いて受けることでリズムとスペースを作っても、その後にパスが出てこなかった。

「やっぱり自分で打開する力が必要になると思う。打開することで信頼を勝ちとらないといけないと思うし、チームを勝たせられる選手というのはそういうものだと思う。守備も含めて、自分の全部を出しながらやっていきたい。でも、ゴールがないと意味がない」

 どれだけエゴイストになりゴール前で存在感を出せるか。課題は明確だ。現在のところコンディションは良好で、リーグ開幕へ向けて調整は順調だ。