2013.05.12

ホーム最終戦でシャルケ敗れる。内田篤人、CL出場圏に黄信号

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 ジョーンズ、ヘーガーのダブルボランチはバランスの舵取りができず、カウンタータイプの攻撃には対応できない。そんな弱点がはっきり出た形だ。内田と対峙したトラオレはシュツットガルトの貴重な攻撃の起点ではあるが、あまりにも自由にプレイをさせすぎた。

「良い選手ではあるけれど、自分たちが何度か数的不利の状況を作ってしまった。もっとコンパクトに守備をできれば良かった」と、自分たちの対応がまずかったことを内田は認めた。

 この敗戦が何より痛いのは4位以内を確定できなかったこと。来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得を決められなかったのだ。内田が何よりも楽しみにしているのがチャンピオンズリーグで戦うこと。ブンデスリーガに比べてレベルも高く、短期決戦のため勝負の面白さがぐっと詰まっている。内田が最も熱く語るのはチャンピオンズリーグのことだ。

「やっていて楽しいのはチャンピオンズリーグ。レベルも高いし、どのクラブも本気だし。あれを知っちゃうと他の試合との差を感じるというか……有名なクラブを倒していく感じも楽しいし」

 奇しくも最終節は5位に浮上してきたフライブルクとの直接対決となる。勝ち点差は1。シャルケは勝利もしくは引き分けで来季のチャンピオンズリーグ行きが決まる。

 シャルケ以外でいうと、フランクフルトもヨーロッパリーグ出場決定を最終節に残したし、残留争いもまだ終わっていない。見どころの多い最終節になりそうだ。

関連記事