2013.02.19

【ドイツ】左よりも右サイド。
宇佐美貴史がポジション変更で得た手応え

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by GettyImages

「スプリントを続けるだけ。続けていけば、そのうちぴたっとくるボールが来るかもしれないから」

 ちなみに、シュツットガルトの右SBは酒井高徳。その酒井は宇佐美のこの日のプレイを称えた。本来であれば左でプレイする宇佐美とのマッチアップを想定していたが、試合前に右だと知って驚いた、と明かす。

「『あれ、お前右なの』って聞いたら『うん』って。なんで変えたのかなと思った。どうしても今日は右にボールが集まってたので、俺は(宇佐美を)左に置いて起点を作った方がリズムを作れるんじゃないかなと思ってたんですけど」

 分析を加えながら、茶目っ気たっぷりに続けた。

「それはさておき、ちょっとラッキー、と思いながらプレイしました。ドイツ人のほうがより淡白なプレイをしてくるので、守りやすいといえば守りやすい。宇佐美じゃなくてよかったと思ってます」

 このまま宇佐美を右で使い続けるのか、それとも同様のプレイを左で求め、右には再びフィウミーニョを起用するのか。次戦以降のクルツ監督の判断は興味深い。

関連記事