2013.02.17

【ドイツ】上位対決に完敗。今、乾貴士が直面している問題

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by Getty Images

 ドルトムントが前半にして退場者を出し、ひとり少ないなかでの戦いを余儀なくされながらも、ゲッツェは最前線で落ち着いてボールを収め、ときには縦に仕掛け、ときにはあえてスピードダウンし、攻撃をリードした。憎らしいまでに落ち着いたプレイぶりは、今後の乾がおおいに参考にすべきものだった。

 苦しい試合でも自らの力で何とか攻撃につなげようとする様は、間違いなく乾の成長を物語るものだ。だが、積極性だけで何もかもが解決されるわけではない。

 相手エースの落ち着いたプレイぶりは、図らずも乾の課題を鮮明に映し出したのではないだろうか。


関連記事