2012.12.13

【クラブW杯】広島ならではの強みを発揮。
来季につながる蔚山現代からの勝利

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 キャプテンのFW佐藤寿人は言う。

「3試合を通じていろんなものを感じられたし、このレベルでもやれるなという手応えはあった。でも、結果として準決勝に進めなかったのは、何かが足りなかったから」

 青山もまた、「こういう経験はしてみないと分からない。この結果に満足するのではなく、そこからどう努力できるか、だと思う」と話す。

 シーズン前の予想を考えれば、今季の広島の初優勝はサプライズの印象が強かった。来季は当然、それが決してサプライズなどではなく、必然であったことを証明しなければならない。

 J1とACLを並行して戦う過酷な来シーズンは、だからこそ、その格好の舞台になるはずだ。

関連記事