2012.12.06

【イングランド】現地メディアが見た「リアル」な吉田麻也

  • 鈴木英寿●取材・文 text by Suzuki Hidetoshi
  • photo by AFLO

 さらに吉田の評価を高めたのが、11月25日のニューカッスル戦だ。前節のQPR戦に続き、今季初の連勝を飾ったこの試合で、吉田は『クリーンシート(無失点)』を達成。本拠地セント・メリーズ・スタジアムに詰めかけたファンも、2-0の勝利に歓喜した。

 しかもニューカッスルの2トップは、成長著しいパピス・デンバ・シセと、現在得点ランキング1位タイに名を連ねるデンバ・バの『セネガル代表コンビ』。そんなアフリカ勢との激しいマッチアップを制した吉田は、こう振り返る。

「競り合いはメチャクチャ強かったですね。でも、ゴール前では(チーム全体として)しっかりブロックを作るように意識できたし、(同じCBを務める)ジョゼ・フォンテとのコンビネーションも良くなってきました」

 ニューカッスル戦後、記者団の「プレミアの水に慣れたか?」との質問に対し、吉田は「そんなことないです。そんなに甘くない」と即答。さらに、「練習ではミスを連発していますから。練習からもっと集中してやっていこうと思います」と言葉を続けた。周囲から高い評価を受けようとも、吉田はストイックな姿勢を崩さない。

 そんな吉田の姿勢に、かつてサウサンプトンをFAカップ優勝に導いた名将ローリー・マクメネミーは、次のように語った。

「今はプレミアの『高さ』や『強さ』に慣れてきた時期。これからはいかに、『スピード』への対応を強化していくかだ。今後どれだけ、チームのユニットの成熟に貢献できるかが重要となるだろう」