2012.10.05

【ドイツ】モンペリエ戦フル出場、新たな困難と戦う内田篤人

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • 木場健蔵●写真 photo by Koba Kenzo

 それでも毎試合出場とはいかないのが現実だ。「普通にやります」という言葉は、決してすっきりした表情で発せられているわけではない。どうにかこの状況を理解しながら、その上でパフォーマンスを発揮しようと思っているように見えた。

 モンペリエ戦は、内田にとって2シーズン前の準決勝、マンチェスター・ユナイテッド戦以来のチャンピオンズリーグの舞台だった。

「ガチって感じ。やるほうも見てるほうも本腰入れるっていうか」

 内田は楽しそうに躍動した。右サイドのコンビネーションも良く、ヘーガーとのパス交換から前線に上がりクロスを挙げたり、一方で最終ラインの一員として守ったり、リズムよくプレイしていた。だが、皮肉なことに前半26分の先制点は内田の目の前からやられてしまう。

「考えちゃった。パスかな、シュート打つかな、打たないかなと考えてたら、そのぶん(対応が遅れて)よいしょってなっちゃった」

 味方には内田の対応が悪かったというよりも相手のシュートが良かったと言われたという。

「ハーフタイムに慰められちゃった。落ち込んでるように見えたのかな。でもディフェンダーとしてはあれを止めないと」
 
 その後シャルケは2-1と逆転。だが、どうにか勝って終わるかと思われた90分にカウンターから失点する。右サイドを崩され、最後は内田の股を抜かれてのシュートだった。