2012.09.20

【イングランド】アシストで勝利に貢献も、香川真司「手応えはまだ」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by GettyImages

 香川はこの日も「毎試合、結果にこだわりたい」と語っていたが、結果、つまりアシストではなくゴールを手に入れることはできなかった。

 もうひとつ、やはり香川は思った形で味方と連係できていないことがひっかかっているのだろう。

「もっともっと欲しいタイミングはある。手応えはまだ。もっと手応えはつかめると思う」

 もっと手応えはつかめる、という表現にポジティブさと気の強さがうかがえるが、現状に満足してはいないことははっきり伝わってきた。

 スコールズが中盤でボールを持ちチャンスになりそうなときでも、両サイドに走る ナニやバレンシアを使ったりファン・ペルシーに預けたり。引いてフリーになった香川になかなかパスが入らない。香川は不満をあらわすこともなくまた走り出すが、スタンドから見ていると、もっと「ボールを出せ」と強くアピールしてもいいのではないかと思ってしまう。やはり名門チームの、名選手たちの信頼を勝ち取るには時間がかかるのか。好プレイを見せ続けて納得させるしかないのか。

「体とメンタルを整えていきながら、試合を追うごとに充実感が増していけばいいのかなと思う」と、香川。ドルトムント時代のような生き生きとした会心のプレイを見せるまでにはもう少し時間がかかるかもしれない。