2012.03.07

【インタビュー】香川真司
「ようやく『遊び心』も入れられるようになった」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • 龍フェルケル●撮影 photo by Ryu Voelkel

――ゴール数も重ねています。

「1年目はワンタッチのゴールや、こぼれ球に反応するものが多くて、自分でつっかけるものが少なかった。でも今はドリブルでつっかけて決められていますし、うまくファーストタッチなどで自分の良さを生かしながら相手をかわして、遊び心もJ2の時のように入れられている。今、意識しているのはそういうゴールなのですが、それができていますね」

――遊び心は香川選手のキーワードですね。

「余裕があるというのがそういうことなのかと思うし、大事かなと思います」

――レバークーゼン戦(2月11日)のドリブルから切り返してのゴールは印象的でした。

「でも、オレ的にはホッフェンハイム戦(1月28日)のゴールのほうが好きなんですけどね(笑)。レバークーゼン戦のゴールはファーストタッチが上手くできて、切り返したあと、シュートに持ってくのが速かったんですよね。そのキレは良かったのかなと思います。今季、そのホッフェンハイム戦とレバークーゼン戦の2点くらいですかね、まあ良かったなと思う得点は」

――動きそのものも、無駄な動きが減っているように見えます。

「全てのシーンをフォローしたり、絡むというわけではないということは意識しますね。例えばゴール前で時間を作るような走り込み方ができるようになったりしていて、そこは成長しているのかなと思います」

――今はボールも集まっていて楽しそうです。

「今はボールが集まりますよね。チームの形も良いからボールも回るし、その中で受けられるようにしている。今はみんな自分を見てくれるし、良い攻撃のスイッチになっているかな、と。前半戦にそれはなかったですからね」

――皮肉なことに、チームの主力であるマリオ・ゲッツェが不在(負傷離脱中)だからこそ上手くいっているようにも見えます。

「彼の個性もあるけれど、チーム全体が今は良い感覚でかみ合ってることは確かかなと思います。でも、そういうの(味方との関係)って、なんとも言えないですよね」
(続く)

続きを読む>>

関連記事