2022.05.14

川崎フロンターレのコンビネーション極まるゴール。脇坂泰斗のフィニッシュも光る

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

Answer
レアンドロ・ダミアンから脇坂とつなぎ、家長とパス交換で脇坂がシュート

 最初のポイントは、清水のゴールキック時のポジショニングだ。

 ボランチの宮本航汰がアンカーの位置に下り、ホナウドが高い位置を取っていたことで中盤中央にスペースができ、さらにサイドバックも高い位置を取っているため、センターバックの両脇も空いてしまう状態だった。

遠野は前線中央のダミアンへパス。落としを脇坂が家長とのパス交換からシュートした遠野は前線中央のダミアンへパス。落としを脇坂が家長とのパス交換からシュートした この記事に関連する写真を見る  前からプレッシャーに来る川崎に対して、権田は中央を避けてサイドへロングキックを蹴った。だが、佐々木にカットされて遠野に拾われると、中盤のスペースがさらされることになる。

 ボールを拾った遠野が中央にマークを引き連れたダミアンへ浮き球を出すと、ダミアンは中盤のスペースにフリーで走り込んだ脇坂へチェストパス。

 同タイミングに、ダミアンが鈴木を釣り出して作ったスペースに家長が走り込んでいた。脇坂はワンタッチで縦パスを入れて、そのままオーバーラップ。

 縦パスをもらった家長は2人に囲まれながらボールをキープし、駆け上がる脇坂へ落とすと、脇坂はダイレクトでニア上へシュートを突き刺した。

 川崎は、ゴールキックのボールを奪ってから、トランジション時に生まれる相手の急所となるスペースを的確かつ素早く突いた。川崎の見事なコンビネーションと、脇坂のクオリティの高いフィニッシュによる先制点だった。

◆【動画】Jリーグ第12節 清水エスパルスvs川崎フロンターレ ハイライト
(川崎の先制ゴールのシーンは1分8秒~1分49秒)

関連記事