2022.05.10

下馬評を覆して躍進するサガン鳥栖。いまだJ2降格がない優秀な地方クラブの真髄

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

「始まる前は、鳥栖大丈夫か、と(いう報道を)目にすることがあった。選手はそれを見ていて悔しかった」

 J2のアルビレックス新潟から移籍加入したMF福田晃斗はそう語り、「あまり気にはしていないが、結果的にそれを跳ね返せている」と誇らしげだった。

 今季新加入の堀米もまた、淡々とした口調のなかに、日々高まる自信をにじませる。

「相手を見てサッカーをすること。スペースを理解すること。それは自分のなかで意識し、理解しようとしている」

 そして、殊勲のヒーローはこう続けた。

「あとは楽しむこと。それは監督から常々言ってもらっている」

 一度もJ2に降格することなく、11シーズンもの間、J1で戦い続ける地方クラブ。今季の鳥栖は、その真髄を見せつけている。

関連記事