2022.02.14

今季J2のJ1昇格・J3降格を識者が予想。「見ていてワクワク」「新監督の名前にずっこけた」「1年で戻った例は…」

  • photo by Getty Images

浅田 過去の例を見ても、J1から降格してきたチームが1年でJ1に戻るには、たとえばFC東京(2011年)やG大阪(2013年)のように、サプライズ的に降格したケースでないと難しい。それで言うと、個人的には今季の4チームで絶対的な昇格候補と言えるチームはないと思います。一昨季の磐田でも十分な戦力を保有しながら、1年で戻れなかった。だから、今季の降格組4チームと昨季の上位チームはほぼ同格と見ています。

 特に甲府(3位)、町田(5位)、新潟(6位)、山形(7位)と昨季の上位だったチームは、ボールを保持するスタイルを志向しているという点で、サッカーの中身も近いものがありました。ただ、そのスタイルで勝ち続けることの限界も見えた気がするので、2位以上に入るためにどのようにそのスタイルを進化させられるかがポイントでしょう。逆に昨季の上位のなかでは、長崎(4位)や千葉(8位)のような堅実なスタイルを志向しているチームのほうが上位に加わるのではないでしょうか。

中山 僕も長崎は注目しています。何より柏からFWクリスティアーノが加入したことが大きい。昨季途中就任した松田浩監督が栃木の監督時代に獲得したのがクリスティアーノだったので、おそらくそのつながりで獲得できたのだと思いますが、まさにJ2降臨的な補強ですよ。しかも長崎にはFWエジガル・ジュニオもいますし、あとは戦力の入れ替わりが多い守備陣を松田監督が整備できれば、2位以上も狙えそうです。

 それと、長崎は新スタジアム建設を含めた周辺の街づくりという大きなプロジェクトもある。行政との連携という点でも、クラブとして絶対にJ1に戻りたいという空気も感じられるので、昇格候補と見てよいと思います。

杉山 新潟も財力があるチームだし、長くJ1に定着していたクラブなので、いつまでもJ2にいてはいけないチームだと思いますが、アルベル・プッチ・オルトネダ監督がFC東京に引き抜かれてしまったのが心配ですね。