2021.12.29

高校サッカー選手権で見逃せないMF&FW11人。「精密機械」や「ここ10~15年ぐらいで1、2位の才能」などに期待大

  • text by Sportiva

優れた得点感覚でゴールを量産。神村学園の福田師王 photo by Morita Masayoshi優れた得点感覚でゴールを量産。神村学園の福田師王 photo by Morita Masayoshi この記事に関連する写真を見る 福田師王
ふくだ・しおう(FW/2年/神村学園・鹿児島県/178cm、70kg)

「『ゴールを絶対に取ってやる』という気持ちが強いですよね。いろんなパターンで点がとれますし、シュートレンジが広い。ハーフウェーライン手前から決めたゴールを2回ぐらい見ていて、どこからでも狙えるのがすごいですね」(松尾氏)
「クロスを点で合わせるのもすごく上手ですね。ただ、彼をどう表現していいかわからないところがあります。体がめちゃくちゃ強いわけでもないし、足が速いわけでもない。でも、仕事はするみたいな(笑)」(森田氏)
「福井商とのインターハイ初戦で初めて見ましたが、クロスからのシュートを7、8本打って、全部ニアサイドで合わせる形。結果はハットトリックだったんですけど、『あと5点ぐらいはとれた』と。そう言えるFWはすばらしいですよね」(土屋氏)

ゴールパターンが豊富なストライカー。仙台育英の佐藤遼 photo by Morita Masayoshiゴールパターンが豊富なストライカー。仙台育英の佐藤遼 photo by Morita Masayoshi この記事に関連する写真を見る 佐藤遼
さとう・りょう(FW/3年/仙台育英・宮城県/176cm、68kg)

「1年生からレギュラーで選手権にも出ていた選手です。元々スピードがあったのですが、今年に入って力強さやゴールに向かう姿勢が格段に上がりました。対戦相手の評価も高く、警戒されている存在です。ボランチに注目されている島野怜(3年)もいますが、佐藤もチームのキーマンだし、警戒されているなかで結果を出してきて、一皮、二皮も剥けましたね」(土屋氏)
「"ザ・ストライカー"という感じで、見ていて好きな選手です。本当にいろいろなパターンでゴールを決められます。あと、今年弟が入ってきて、1年生でメンバーに入っています。その共演も楽しみです」(森田氏)

ゴールでチームを引っ張る存在。三重の吉良元希 photo by Tsuchiya Masashiゴールでチームを引っ張る存在。三重の吉良元希 photo by Tsuchiya Masashi この記事に関連する写真を見る 吉良元希
きら・げんき(FW/3年/三重・三重県/183cm、77kg)

「彼も"ザ・ストライカー"でゴールに貪欲。グイグイゴールに絡んで、自分で仕掛けたり、点で合わせるのもうまい選手です。努力家ですごく真面目。自主練習でも率先してやるので、チームメイトも触発されているとか。しかも、勉強もできて学年No.1だそうです。取材をしていて想いや情熱を感じる選手ですね」(森田氏)
「体のケアに自信があるみたいで、ブリッジや三点倒立をやったり、わざわざ奈良県の治療院まで通っているそうです。おかげで『空中で止まれる感覚を身につけた』と話していました。喋り方も引き込まれる感じで、すごく印象に残っている選手です」(土屋氏)