2021.12.28

高校サッカー選手権で「準優勝をした過去2年より間違いなく強い」青森山田。有力なライバル校の戦力も分析

  • text&photo by Matsuo Yuki

森田 このブロックの対抗馬は阪南大高東山ですかね。阪南大高は"ストップ青森山田"の第一候補。今年は各ポジションにタレントがいます。

松尾 確かにタレントはいますよね。中盤の櫻井文陽選手や左SBの保田成琉選手など、いい選手が多いですよね。

森田 また、濱田豪監督はおとなしい方なので、選手もどちらかというと落ち着いたタイプが多い。そこで選手たちの反骨心を引き出すために、今回の予選で濱田監督はあえて怖いキャラクターを演じたという話をしていました。そこもポイントになるかもしれません。

土屋 堀越も燃えていますね。昨年は準々決勝で青森山田に負けていて、0-4の完敗。そこで青森山田の基準を知り、1年間それを上回るために取り組んできました。今年も勝ち上がれば、準々決勝で戦えます。今年は宇田川瑛琉という全日本少年サッカー大会で日本一を経験しているキャプテンがいて、双子の弟・侑潤が最終ラインでプレーしています。瑛琉は東京ヴェルディ、侑潤選手は浦和レッズのジュニアユースでプレーしていて、高校でまた再会したのでそこも注目ですね。実力的にもベスト8に行ける力があると思います。

 あと森田さんが挙げていた東山も面白いですよね。2回戦で青森山田高と対戦する可能性があり、このカードも実現すればインターハイ準々決勝のリターンマッチ。それをもう1回見て見たいですね。

松尾 インターハイでは2-5で負けましたけど、今年の高体連で唯一青森山田高から2点以上奪っているチームなんですよね。

森田 今年はタレントが揃っています。特に2年生が面白い。7、8人ぐらいスタメンを占めているんですけど、Jクラブ出身の選手が多くて立ち振る舞いが大人。経験豊富なので、負けていても慌てないです。そのなかにJ注目のスピードスター・阪田澪哉選手などがいて、能力が高いチームで上位候補だと思います。

松尾 あと個人的には長崎総科大附が楽しみです。小嶺忠敏監督が青森山田にどう向かっていくかも見てみたいです。インターハイの1回戦は完敗(0-3)だったので。

森田 この山は夏に青森山田と対戦しているチームのリベンジゾーン。丸岡もそうですしね。

土屋 青森山田にリベンジしたいチームが集まったので、楽しみですね。