2021.12.15

Jリーグ通のペナルティ ワッキーが選んだ「めちゃめちゃお客さんを呼べる」J1ベストイレブン

  • 池田タツ●取材・文 text by Ikeda Tatsu

右ウイング 金子拓郎(北海道コンサドーレ札幌)

 3トップにします。まず右に金子拓郎選手。以前、札幌のタイでのキャンプを、一人で見に行ったことがあるんです。その時に金子選手と、高嶺朋樹選手、田中駿汰選手が大卒のルーキーイヤーで、その時点で金子選手はいじられ役でした(笑)。福森選手が「ワッキーさん、金子はちょっといいっすよ。目つけておいてください」って言われたのをすごく覚えています。

 今シーズンは、ブレイクしたと言っていいんじゃないかと。面白い選手ですよね。ボールを持ったらすべて仕掛けるから。いろいろなパターンを持ってるし、速いし、体も強いし、献身的。確かドリブル成功数が一番なんですよね。また、左足のキャノン砲も持っています。

 このままいけば日本代表も狙えるでしょう。日本代表は左利きのアタッカーがいっぱいいるけど、ちょっと期待しちゃいますね。

左ウイング 家長昭博(川崎フロンターレ)

 家長選手は絶対入れたいですね。言わずと知れた大天才。今回のメンバーのなかだと右サイドは金子選手を入れちゃったので、家長選手は左か、もしくはフリーポジションですね。はっきり言ってどこでもできますよね。

 川崎のなかでも特別な存在です。ボールを取られているのをほとんど見たことがない。いつもやる、あのボールを左に置いて右手でブロックするやつ。どんなでかいDFも入っていけない、ボールキープの妙技を毎回見せてもらえます。

 そして、たまに見せる緩急をつけたクイックなドリブルと、左足のキックの精度。そして右足も蹴れる。年齢なんて関係ないから、マジで代表に呼んでもらいたいんですよ。以前スペイン代表が、ほぼバルセロナの選手でチームを作っちゃったみたいなことを、川崎でしてもいいのかなって。もしそうなるなら、家長選手が必要です。

センターフォワード レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)

 中央はレアンドロ・ダミアンですね、やっぱり。見ているこっちが涙が出るほど(相手ボールを)追いかけることがあるじゃないですか。あれでまず心を掴まれちゃう。それでいて、オーバーヘッドとかジャンピングボレーとか、ワクワクするようなプレーもやってくれる。性格もいいというし、非の打ちどころがないですよ。

 今シーズンは得点王もMVPも取りました。リーダーシップも相当発揮していて、結構チームを鼓舞して引っ張っていった存在ですよね。

◆ ◆ ◆

 改めて見ると、我ながらいいベストイレブンが揃いましたね。完璧ですよ、これ。Jリーグ選抜でこういうメンバーで試合をやってくれたら、絶対見に行きたいですね。めちゃめちゃお客さん呼べますよ。
(おわり)

ペナルティ ワッキー
1972年7月5日生まれ。北海道出身。吉本興業所属のお笑い芸人。1994年に高校・大学の先輩であるヒデとお笑いコンビ「ペナルティ」を結成。濃いキャラクターやギャグで人気を博し、様々なメディアで活躍中。サッカーは名門・市立船橋高校出身で全国高校サッカー選手権に出場した。
SNSアカウントは、Twitter:@wakitayasuhito/Instagram:@japan_wacky

関連記事