2021.12.07

「落ちないクラブ」大宮アルディージャ。憂慮すべきは今やその肩書きがJ2であること

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Hiroki Watanabe/Getty Images

 大宮は、J2のなかで比較的資金が豊富なクラブとして知られる。それはJ1クラスと言ってもよく、実際、J1クラブで活躍していながら、J2の大宮に移籍してくる選手は少なくない。

 社長や監督に、自分たちはJ1にいるべきクラブ、との自負があって当然だろう。

 しかし、2015年にJ2で優勝し、2016年に再昇格したJ1で5位となったのをピークに、2017年は最下位に転落し、再びJ2降格。以後、J2での4シーズンは、5位、3位、15位、16位だ。現実に見せられているのは、落ちないはずのクラブがジワジワと落ちていく、笑えない冗談のような様である。

 過去の事例を見ても、J2降格後にJ1復帰を目指すなら、2、3年が勝負だ。あらゆる意味での"熱"が残っているうちにJ1に戻れないと、次第にJ2の水に馴染んでしまう。

 2度目のJ2降格から、来季で5シーズン目を迎える大宮は、かなり危うい段階に差し掛かっている。まして、J2残留争いという本来屈辱的であるはずの事態にも"免疫"ができてしまった今、J1昇格を争うどころか、かつてのように"降格圏のちょっと上"が定位置になりかねない。

 何より大宮の歴史が、それを心配させている。

関連記事