2021.12.04

Jリーグの年間ベストイレブンを独自選定。ズラリと並ぶ川崎フロンターレ勢に他チームの誰が食い込むか

前田、ダミアン、家長の3トップは異論を挟む余地がない

原山裕平(サッカーライター)

左SBには川崎の生命線だった登里を選んだ左SBには川崎の生命線だった登里を選んだ この記事に関連する写真を見る FW/前田大然(横浜FM)、レアンドロ・ダミアン(川崎)、家長昭博(川崎)
MF/旗手怜央(川崎)、アンドレス・イニエスタ(神戸)
MF/稲垣祥(名古屋)
DF/登里享平(川崎)、谷口彰悟(川崎)、ジェジエウ(川崎)、山根視来(川崎)
GK/ランゲラック(名古屋)

 歴代最多9人がベストイレブンに輝いた昨季と同様に、今季も最強王者の川崎フロンターレの選手たちがポジションの大半を占めることは間違いない。

 私的ベストイレブンも川崎と同じ4-3-3の布陣をもとに選考。結果、7人が川崎の選手となった。

 守備陣は最少失点の川崎勢をベースとしたが、悩んだのはGKと左サイドバック。失点の少なさを考慮すれば、チョン・ソンリョンが当確となるが、全試合にフル出場している稼働率の高さに加え、9試合連続を含むじつに20回のクリーンシートを達成したランゲラックのインパクトのほうが上回った。

 左サイドバックは名古屋グランパスの吉田豊の線も考えたが、川崎サッカーの生命線とも言えるサイドバックで、質の高いパフォーマンを続けた登里享平を評価した。

 中盤では突如ゴールハンターとしての能力を覚醒させた稲垣祥、超ユーティリティとして、シーズン途中に主力が抜けたチームに活力をもたらした旗手怜央、そしてケガで出遅れながらも、シーズン終盤の重要な場面で結果を残し、ACL出場権をもたらしたアンドレス・イニエスタも外せない。

 3トップは異論を挟む余地がない。得点王を争った両者に加え、川崎の攻撃の軸として今季も絶対的な存在感を放った家長昭博の3人で決まりだ。