2021.09.05

サンフレッチェ広島の見事なゴールシーン。ポジション取りのうまさが優位を生む

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

Answer
左サイドの裏へ抜け出した東俊希にロングパス

 この場面では、大分の右サイド、増山朝陽のポジショニングがポイントとなった。

左サイドの裏をとった東へロングボールを送った左サイドの裏をとった東へロングボールを送った この記事に関連する写真を見る  広島の右サイドのスローインから中央の土肥にボールが渡り、土肥はサイドを変えるように体を開いて、左サイドへ向かってボールを持ち出していた。

 それに対して、大分もラインを上げながら横へスライドしていた。ここで増山は対面の広島・東俊希を見なければいけない。しかし、増山が気を取られていたのは、広島の森島司だった。

 森島はボランチ脇のスペースや中間ポジションなど、相手にとって嫌なエリアでポジションを取り続けていた。ボールを巧みに引き出し、序盤から大分が捕まえづらい存在だった。

 この時も森島は大分の小林裕紀の脇にポジションを取り、土肥からパスを呼び込んでいた。大分の選手は誰も森島を捕まえられておらず、土肥から森島へのパスコースは空いていた。

 そこで、本来東を見なければいけない増山が、森島へのパスを気にする動き、ポジションを取った。

 それを見た東が一気に裏へ抜け出すと、土肥はそのスペースへ浮き球のロングパスを通した。フリーで抜け出した東は中央へクロスを入れ、エゼキエウがシュート。当初東がオフサイドかと思われたが、VARでオンサイドの判定でゴールが認められた。

 土肥、東という、広島の育成組織出身の若手コンビの崩しから生まれた、見事なゴールだった。

◆【動画】Jリーグ サンフレッチェ広島vs大分トリニータ ハイライト
(広島の同点ゴールのシーンは2分20秒〜3分27秒)

関連記事