2021.09.01

監督交代、乾貴士の復帰……不振のセレッソ大阪、新体制は光明を見出せるか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 ガンバ大阪戦で、2トップはしっかりとパスコースを限定し、相手に容易にビルドアップをさせなかった。中盤、バックラインも集中した守備で立ちはだかっている。守りでリズムを生み出し、ボールを握る時間を増やした。押し込むことで、波状攻撃が可能となって、松田陸のミドルシュートが決勝点になった。

 もっとも、監督交代後2、3試合の勝率は悪くないのが世界的にも通説。選手が自然に発奮。危機意識から団結し、相手を凌駕できるのだ。

 次戦は9月1日のルヴァンカップ準々決勝第1戦のガンバ大阪戦。乾は早ければ9月5日の同第2戦で復帰を果たすことになる。

 新体制はこれから真価を問われる。路線変更による迷走に終止符を打てるか。9月はリーグ戦やルヴァンカップ準々決勝のほか、アジアチャンピオンズリーグもあるだけに、正念場を迎える。

◆集英社ムック
『Sportiva TOKYO 2020 オリンピック 総集編』発売!

発売日:8月23日
定価:1760円(本体1600円)

【内容】

●Medal獲得数は58個!
日本人メダリストを紹介

●ニッポン野球の底力!
侍ジャパン、歓喜の金

●サッカー U-24日本代表
本気で金メダルを狙った男たち
「史上最強」ゆえの涙

●前代未聞のオリンピックが開幕するまで
険しすぎた道のり

以上のほか、必読の特集が満載。永久保存版の1冊‼

購入はこちらから

‣Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4081023336

‣セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1107224540

関連記事