2021.08.29

古橋亨梧から大迫勇也へ。気になる神戸のフォーメーション。得点パターンは「崩してゴールを取れる形へ」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by KYODO

「アンドレスはすごくチームメイトを見ている。その良さを引き出すために、合わせてくれる」

 神戸の選手たちはそう言う。その存在は未来への灯りだ。イニエスタが健在な限り、神戸のチューニングは自然に合っていく。戦術がどうこうの話ではない。

 ただし、フォーメーションの問題はあるだろう。FWがやや渋滞しており、サイドアタッカーが足りない。右にボージャン、中央に大迫、左に武藤では、大砲が弾切れを起こす可能性もある。3人ともセカンドストライカー的な要素が強いのも、起用の難しさとなる。ひとつ言えるのは、体力的負担を考えた場合、イニエスタはトップ下以外では難しいという点だ。

 敗れた神戸は、4位に順位を下げた。次節はアウェーでサンフレッチェ広島と対戦。ボージャンのデビューが待ち遠しい。
 

◆集英社ムック
『Sportiva TOKYO 2020 オリンピック 総集編』発売!

発売日:8月23日
定価:1760円(本体1600円)

【内容】

●Medal獲得数は58個!
日本人メダリストを紹介

●ニッポン野球の底力!
侍ジャパン、歓喜の金

●サッカー U-24日本代表
本気で金メダルを狙った男たち
「史上最強」ゆえの涙

●前代未聞のオリンピックが開幕するまで
険しすぎた道のり

以上のほか、必読の特集が満載。永久保存版の1冊‼

購入はこちらから

‣Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4081023336

‣セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1107224540

関連記事