2021.08.12

高校サッカーインターハイ大注目の10人。卒業後、即ヨーロッパ行きを狙う選手も

  • 森田将義、松尾祐希●文・写真
  • text&photo by Morita Masayoshi, Matsuo Yuki

打点の高いヘディングが魅力。尚志のチェイス・アンリ打点の高いヘディングが魅力。尚志のチェイス・アンリ この記事に関連する写真を見る チェイス・アンリ
(尚志/DF/3年/187cm、75kg)

 アメリカ人の父と日本人の母を持つセンターバックで、187cmの巨体を活かしたヘディングと対人の強さが売り。6月には飛び級でU-20日本代表候補にも選ばれた超高校級の選手だ。昨年は股関節痛の影響で満足にプレーできなかったが、今年に入ってからはプリンスリーグ東北や、インターハイ予選で他を圧倒するパフォーマンスを披露。高校卒業後の海外進出を見据え、オランダ・AZの練習参加も経験した。インターハイでも、アフロヘアをなびかせながら、躍動する姿に期待だ。