2021.07.10

コンサドーレ札幌の崩しが見事。サイドへの展開から、相手のどこを突いたか?

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

◆小さくても大丈夫。身長165cm以下で大活躍の日本人Jリーガーたち>>

Answer
ハーフスペースでパスを受け、相手SBとCBの間を突破

 相手の崩れた陣形の隙を、菅が鋭く突いたシーンである。ポイントは、札幌が攻撃の幅を取ったことで空いた相手のサイドバック(SB)とセンターバック(CB)の間に大きなスペースができた点だ。

宮澤のパスを受けた菅は、ハーフスペースを突き進みクロス。これが決勝点へつながった宮澤のパスを受けた菅は、ハーフスペースを突き進みクロス。これが決勝点へつながった この記事に関連する写真を見る  宮澤がドウグラスにパスを送り、ボールをもらったドウグラスはそのまま左サイド敵陣深くに進入していく。これに徳島CBのカカが釣り出され、ボランチの藤田譲瑠チマも囲みにいった。宮澤のパスで裏を取られた徳島SBの藤田征也は、帰陣してカカの空けたスペースのカバーに入っていた。

 そしてドウグラスが左サイド深い位置まで運び、宮澤へボールを戻した時、徳島はカカ、藤田譲瑠チマが完全にサイド際へ。浜下瑛も宮澤へ寄せたことで、左のハーフスペース(サイドと中央の間)がガラ空きとなった。

 そこを逃さなかったのが菅である。菅はその空いたスペースに走り込むと、宮澤は右アウトサイドの巧みなワンタッチパスを送る。菅の進入に気づいた藤田征也が慌てて寄せに行くが、菅はファーストコントロールで縦へ抜け出し、すぐに左足のクロスを入れた。

 ボールは駒井善成と小柏剛が合わせにいったところ、徳島の岸本武流のクリアが福岡将太に当たるという交錯によりオウンゴールとなった。しかし、宮澤のワンタッチパスと菅の見事な突破が呼び込んだ、終了間際の札幌の劇的な決勝点だった。

◆【動画】J1第21節 札幌vs徳島ハイライト
(決勝ゴールのシーンは、4分38秒〜5分24秒)

関連記事