2021.06.19

実績十分、知名度抜群でJ加入も…。ひっそり消えていった11人の大物助っ人たち

  • 津金壱郎●文 text by Tsugane Ichiro
  • photo by AFLO

 近年でも、期待はずれに終わってしまった助っ人はいる。カメルーン代表で活躍したMFアシール・エマナ(J登録名アチーレ・エマナ)は2016年7月、徳島ヴォルティスに移籍。当時J2の徳島にやってきてファンを驚かせた。しかし、公式戦に1試合も出場することなく同年末で退団することになる。

 ブラジル出身の元ドイツ代表FWカカウは、2014年8月にセレッソ大阪に加入。決定力不足を解消する存在として期待された。結果はリーグ戦12試合5得点で、救世主にはなれずチームはJ1から降格。翌2015年はJ2で6月までプレーしたが、12試合2得点の成績で契約終了となった。

◆和製ロナウド、小野伸二2世...。消えていった天才Jリーガーたち>>

 世界で築き上げた実績と知名度が高い選手ほど、Jリーグで見られることが決まった時の喜びや期待値は大きい。それだけに、彼らがひっそりとJリーグを去る寂しさは、狐につままれたような気持ちにさせる。それを幾度となく味わってきたからこそ、イニエスタのような"優良大物助っ人"ぶりが際立ってくるのだろう。

関連記事