2021.04.26

J1クラブ別「歴代最高のストライカー」は誰だ?【東日本10チーム編】

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

 以降、栃木SCでプレーしたシーズンもあったが、在籍7年でリーグ戦46ゴールをマーク。残念ながら横浜FCではJ1でのゴールがなかったが、身長190cmの大型ストライカーのインパクトは大きかった。

★湘南ベルマーレ「野口幸司」

 湘南ベルマーレからは、前身のベルマーレ平塚の黄金期を支えた点取り屋、野口幸司を歴代ベストストライカーとして選びたい。

 まだJリーグ夜明け前のフジタ時代からプレーしていた野口は、Jリーグ創設後の1994年にベルマーレがJ参入を果たすと、初年度からゴールを量産。1995年には23ゴールをマークし、ファルカン監督時代の日本代表でデビューを飾った。野口がベルマーレで記録したゴールはリーグ戦53得点。天皇杯とリーグ杯を含めると、4シーズンで64ゴールに及ぶ。

 ボックス内のクレバーなポジショニングとフィニッシュワークが秀逸で、ワンタッチゴーラーとしての能力は国内屈指のレベルにあった。ベルマーレサポーターのみならず、オールドファンにとっても忘れたがいストライカーのひとりだ。

(西日本編に続く)

関連記事