2021.04.10

上田綺世は「オフ・ザ・ボール」の動きが見事。鹿島浮上の原動力だ

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

◆1年半前倒しでプロ入り。上田綺世がアントラーズ行きを決断した真相>>

Answer
DFの体の向きが変わる瞬間にダイアゴナルラン

 オフ・ザ・ボールの動きが巧みな、上田らしいシーンである。ファン・アラーノが縦に持ち出した時、上田はプルアウェイの動きでファーサイドへ走り出した。それに対して、マークについていた柏DF上島拓巳の対応に注目だ。

上田は、相手のDFの体の向きが変わった瞬間、走る方向を変えてスルーパスを受けた上田は、相手のDFの体の向きが変わった瞬間、走る方向を変えてスルーパスを受けた  上田のファーへ逃げるような動きに対して、上島は最初背を向ける形で並走し、縦へのスルーパスを警戒していた。しかし、ファン・アラーノが中へ切り返して、中央へ進入してくると状況が変わってくる。

 ファン・アラーノが中へ入ってくることによって、ファーへ膨らんだ上田の足元へのパスコースも生まれた。そこで上島は体の向きを入れ替え、上田の足元と縦の両方のパスに対応できるようにした。

 この時に上田がうまかったのは、動き出すタイミングだ。上島が体の向きを入れ替えた瞬間にダイアゴナルラン。縦へのスルーパスを要求した。背後へ抜け出した上田にファン・アラーノが絶妙なスルーパスを出し、上島は逆を取られて置き去りにされた。

 この先制点から、最終的には2-1と5試合ぶりに勝利した鹿島。ストライカー・上田の復調をきっかけに、チームも上昇の波に乗れるか注目だ。

関連記事