2021.04.02

ガンバ大阪のタイトル奪取へのキーマン、韓国代表チュ・セジョンの正体

  • 高村美砂●取材・文 Takamura Misa
  • 牛島寿人●撮影 photo by Ushijima Hisato

 僕にとっては初めての海外移籍ですが、外国籍選手ができるだけ早く結果を出すには、J1リーグ(のサッカー)やチーム戦術へのフィットが不可欠です。その意思をプレーで示さなければ、周りに受け入れてもらえないし、長い期間ガンバですごすこともできないとも思っています」

 同じく韓国代表でプレーする、DFキム・ヨングォン(ガンバ)や、かつてガンバに所属したFWファン・ウィジョ(FCジロンダン・ボルドー)からも、背中を押された。

「ウィジョやヨングォンには、ガンバに在籍する選手のプレーの特徴やガンバを取り巻く環境、ガンバの選手、スタッフのみなさんがとても優しく面倒見がいいこと。また、スタジアムのすばらしさや、家族にとって大阪がとても住みやすい街であることも教えてもらいました。それによって今回の移籍を決断できた部分も多分にあります。

 そういった周りのサポートも力にしながら、新しいチャレンジを充実したものにしたいと思っているし、ガンバの一員として一日も早く、チームが目指す"タイトル"(奪取)の力になれるようにしていきたいと思います」

 たくさんのガンバの試合映像を見たなかで印象に残ったのは、「堅い守備」と「高さのあるFW陣を生かした攻撃と、緻密に短いパスをつなぐ攻撃を使い分けていること」の2つだと話す。もちろん、今シーズンもチームとして新たなチャレンジをしているため、それがすべてだとは思っていないが、少なからず自身のプレーを融合させていくうえでは助けになっているようだ。

「僕は中盤でのパスワークやゲームコントロールに限らず、キックの精度にも自信を持っています。ガンバの高さを生かした攻撃では、それを生かしたいと思ったし、足元でつなぐ時には前線にボールを供給する役割も担えると感じました。

 ガンバの前線には(宇佐美)貴史をはじめとする、すばらしい能力を持った選手がいます。彼らに数多くのパスを通すことができれば、より攻撃チャンスは広がるはずです。そのことは意識してプレーしたいし、その部分は今シーズン、"タイトル"を求めるうえでもキーになると考えています」