2021.03.14

サンフレッチェ、課題解決の糸口が見えず。だが浅野拓磨の弟・雄也は希望の光

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

 そんななかでポジティブな材料を探すなら、浅野の存在だろう。

 鋭い突破が武器のサイドアタッカーだが、ジュニオール・サントスが不在だったこの試合ではトップ下としてプレー。スピードを生かした裏抜けや、狭い局面でも失わないドリブルで局面を切り拓き、得意とするエリアから強烈な一撃も叩き込んでいる。

◆佐藤寿人が選ぶ日本人FWベスト5。「あのシュートは何度もマネした」>>

「一番はゴールを意識しています」と本人が口にするように、得点に対する意識も高まっている。24歳のアタッカーが兄・浅野拓磨(現パルチザン)のようなブレイクを実現すれば、広島の未来には希望の光が差し込んでくるはずだ。

 いい状態ではないにもかかわらず、ここまで負けていないことも前向きに捉えられるかもしれない。課題が明白なぶん、修正も図りやすいだろう。新たなチャレンジには相応の時間がかかるもの。その意味で、期待感はまだ薄らいではいない。

関連記事