2021.02.24

城彰二のJ1順位予想。優勝はACLがないチーム。フロンターレは何位?

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 3位には、昨季圧倒的な強さで優勝した川崎フロンターレ。今季もその強さは健在だとは思うが、ACLの過密日程がリーグにおいては非常に足かせになるだろう。同大会ではなかなか良い成績が出せていない歴史があるだけに、どこまで勝ち上がるか。リーグに専念できるタイミングによって順位は変わるだろう。

 そして昨季とは異なり、今季は4クラブが降格となるため、川崎に対して引き分け狙いのチームも増えてくるはずだ。昨季と比べ、川崎が取りこぼす試合も増えると予想。そんな展開になった時に中村憲剛という支柱がいないのも懸念材料だ。

 名古屋グランパスは、もう少し上でもいいかもしれない。昨季はマッシモ・フィッカデンティ監督の指導で守備がかなり安定し、ポゼッション率や走行距離もリーグ上位に上がってきてチームとして完成してきている。その上、DF木本恭生やFW柿谷曜一朗の獲得など、積極的に補強にも動いた。本気になったなという印象だ。ただ、ACLに絡むため優勝には届かないか。

 横浜F・マリノスはアンジェ・ポステコグルー監督の戦術が浸透し、一昨季は非常に良い状態だった。昨季もACLでもっと勝ち上がれた力がありながら、取りこぼしてしまった。そして今季はFWエリキが抜けた穴が大きいと見ている。新加入のFWエウベルとFWレオ・セアラが機能するのが、上位進出の絶対条件になるだろう。

 6位には、宮本恒靖監督が指揮するガンバ大阪。昨季は勝てる試合を取りこぼすことが多く、その点で今季は補強したFWがどれだけ仕事ができるかにかかっている。ACLはクラブとしての経験値があるだけにうまくサポートできるだろうし、上位には食い込んでくると思っている。

 ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督は実力者で、GKの権田修一を獲得できたことは清水エスパルスにとっては大きな補強だ。そのふたりによって堅い守備が構築されていくだろう。そこから名将がどう勝てるチームに仕上げていくか注目している。