2021.02.23

木村和司が占うJ1全順位。川崎を脅かすのは長谷川監督率いるFC東京

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 川崎に続く2番手グループは、ガンバ大阪、名古屋グランパス、FC東京あたりか。名古屋はこのオフ、齋藤学や柿谷曜一朗をはじめ、主力となり得る選手を積極的に補強した。その分、結果を出さないといけないだろう。が、2番手グループにはこの名古屋以上に期待したいチームがある。

 名将・長谷川健太監督率いるFC東京だ。一昨季は久保建英が、そして昨季は橋本拳人と室屋成らが欧州のクラブに移籍してシーズン途中でいなくなってしまった。ここ数年、シーズン中は常にバタバタしていた印象がある。

 つまり、1年を通して安定した戦力で戦うことができれば、それなりの結果を出せるのではないか、と踏んでいる。堅実な守りは大崩れしないだろうし、FWディエゴ・オリヴェイラ、MFレアンドロ、MFアダイウトンなど、計算できる外国人選手がそろっているのも強みだ。

 あと望むらくは、FW永井謙佑のさらなるがんばり。時に意外性のあるゴールを決めることがあるが、それよりも、容易に決められるゴールというか、決定的な場面でのシュートをきちんと決めてほしい。そうすれば、チームの勢いは一段と増すと思う。

 こうした上位陣にどこが絡んでくるかだが、筆頭は鹿島アントラーズだろう。伝統のあるクラブで、チーム力の高さは誰もが認めるところ。日本人選手でチームをまとめられる選手、精神的な支柱となれる選手が出てくれば、2番手グループを脅かすことは十分に可能だ。

 あとは、ジーコ次第。コロナ禍にあって、いろいろと大変だと思うが、彼が"ここ"というポイントで来日して、選手たちの力となる効果的なゲキを飛ばすことができれば、自ずと結果がついてくるのではないか。

 ヴィッセル神戸にもがんばってもらいたい。アンドレス・イニエスタを擁し、注目度の高いチームゆえ、こういうチームが上位争いを演じてくれれば、Jリーグはより一層盛り上がると思うからだ。

 残りのチームはちょっとしたことで、降格の危機に面してもおかしくない。今季もそれほどの激戦になることは間違いなく、逆に言えば、多くのチームにJ2降格の可能性があるということ。