2020.12.22

Jリーグ年間ベストイレブンを独自選定。川崎F勢は何人入る?

  • photo by Sano Miki

川崎一色のシーズンだった

原山裕平(サッカーライター)

前線に江坂とオルンガのコンビを選んだ前線に江坂とオルンガのコンビを選んだ  11人中7人を川崎から選んでしまった。公式ベストイレブンも川崎勢が独占するだろう。その意味では独自選考とは言い難いが、ほかに選択肢が見当たらず......。まさに川崎一色のシーズンだった。

 システムも川崎と同じ4-3-3に当てはめた。GKこそ最少失点の名古屋の守護神を選んだが、最終ラインはそのまま川崎の4人。谷口彰悟の安定感は攻撃的なチームにおいて不可欠で、ジェジエウの超人的な対応は、幾度となくチームを救った。湘南ベルマーレから加わった山根視来は、家長昭博のサポートを受け、その攻撃能力をいかんなく発揮。優勝決定試合で先制点を演出したように、勝負どころで力を発揮した登里享平のいぶし銀の活躍も光った。

 守田英正はアンカーとして、ひと回り成長した印象だ。持ち前の守備力に加え、的確なパスワークで攻守のつなぎ役を担った。

 両ウイングはともにMVP級の活躍を見せたふたり。家長昭博のオールマイティな能力は、川崎の新たなスタイルを確立させるには欠かせないもので、三笘薫のドリブルは、お金を払ってでも見たいくらいの代物だった。Jリーグの新人記録に並んだ得点力も評価に値する。

 インサイドハーフは、大島僚太、田中碧、脇坂泰斗と川崎勢も十分な働きを示したが、ここはC大阪の上位進出に貢献した清武弘嗣と、オルンガのベストパートナーだった江坂任を推したい。共にチャンスメイクのみならず、自らゴールを奪う能力も備えた。

 とりわけ清武は、スペインから復帰後、ケガに苦しむシーズンを繰り返していたが、今季は離脱することなく、キャリアハイとなる8ゴールをマーク。その攻撃性能は、家長にも引けを取らないものだった。

 そしてセンターフォワードは、異次元のパフォーマンスをつづけたケニア出身のストライカー以外に見当たらない。高さ、強さ、速さと圧巻のフィジカルを見せつけ、強烈な左足を駆使してゴールを量産。"リーグ史に残る助っ人"と言えるほどのインパクトだった。