2020.12.15

「憲剛さんは道標」谷口彰悟が学んだ主将としてチームを引っ張る姿勢

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 そして、キャプテンらしくなった谷口はこうも語る。

「僕が憲剛さんから学んだ姿勢は、背中で語る、背中で見せるというところかもしれない。(小林)悠さん(前キャプテン)は自分が点を取ることでチームを引っ張ってきたし、憲剛さんは自分がプレーで見せたり、声をかけて鼓舞したりすることでチームを牽引する姿だった。それをずっと後ろから見てきたんです。

 僕はDFなので、なかなかプレーで引っ張ることはできないですけど、その分、後ろでどしっと構えられたらと思う。だから、継続できるところは継続しつつ、新たなものを自分のなかでつくっていければと思って、今シーズンもやってきたつもりです」

 中村から引退の二文字を告げられた時、谷口が感謝の気持ちを伝えると、こう返事があったという。

「道標だったと思っていてくれたことはうれしいよ。今はもう、彰悟もそういう立場になっている。だから、これからもその姿勢を継続していってほしい」

 道はつづいていくし、思いも受け継がれていく。谷口は決意するかのように言う。

「憲剛さんがいなくなって来年のチームがどうなっていくか、見えないところもあります。ただ、僕らもいつまでも憲剛さんにおんぶに抱っこではいけないって思ってる。だから、憲剛さんがいなくても、オレらはやれますよという姿を見せなければいけない」

 次は谷口が誰かの道標になる番だ。

関連記事