2020.11.27

本田望結は競技者目線で高校サッカーを取材。「順位の裏側を伝えたい」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 スポーツは勝負事である。勝者がいて、敗者がいて、その光と影が浮かぶ。高校サッカー選手権は、まさにその縮図だ。

 本田は、その様子を丹念に伝えたいのだろう。

「サッカーもフィギュアスケートも、観戦するとき、汗を流して頑張っている選手はカッコいいと思います。男子も、女子も。自分はスポーツをしているにもかかわらず、勝敗が決まってしまうのが嫌なんです。その意味では、全部に結果があるのは嫌だなと思うこともあります。サッカーでいえば、試合終了のホイッスルが鳴るときが辛いです。勝敗を決めたくない。

 私はどのポジションの選手を見ても感動してしまいます。グラウンドを走っている選手も、ゴールを守っている選手も、ベンチで応援している選手も。戦う姿にのめり込むと思います。だから、一番は決められないですね。『皆さん、大好きなんです!』というと、きっと嘘っぽく聞こえるかもしれないけど、本当なんです。勝敗があるのは辛いです。

 高校サッカー選手権は、優勝と準優勝の差がすごいと思います。私だったら、とても耐えられない。準優勝は一回戦敗退よりも悔しいかもしれないって想像してしまいます。決勝で順位がつくことで、景色がまったく違ってしまって。私はスポーツをやっているけど、もしかするとやっているからなのか、耐えられないです。