2020.09.27

イニエスタの神パスが隠す神戸の問題。
監督交代劇が起こす継続性のなさ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by KYODO

 ただし、勝つことは問題点を隠すことにつながる。組織としての機能性の悪さが改善されずに潜むことになる。論理的な勝ち筋を確立できていないために戦いが安定しない。神戸は問題が発生すると、それを乗り切る前に監督交代劇が起こってきた。その継続性のなさで、集団としての根を張った強さに結びついていかないのだ。

 新監督がチームを変化させるには、ある程度の時間が必要である。2日や3日で守備を立て直し、攻撃で主導権を握るサッカーを仕立てる魔法はない。できることは、士気を高めることくらいで、その点、監督交代がカンフル剤になったのは事実である。

 しかし、その薬の効果はせいぜい2、3試合で切れる。やはり、イニエスタに祈りを捧げるしかないのか。三浦ヴィッセルが現実と向き合うのはこれからだ。

関連記事