2020.09.04

Jリーグ月間MVPを独自選考。オルンガに競り負けたFWが新天地で開花!

  • photo by Kishiku Torao

清武は勝利に直結するパフォーマンス

原山裕平氏(サッカーライター)

1位 清武弘嗣(セレッソ大阪)
2位 三笘 薫(川崎フロンターレ)
3位 ジュニオール・サントス(横浜F・マリノス)
4位 オルンガ(柏レイソル)
5位 内田篤人(鹿島アントラーズ)

 この8月も、川崎が強かった。12節に名古屋に敗れ、連勝記録はストップし、つづく神戸戦でも引き分けたが、そのほかの試合では他チームを圧倒。札幌に6得点、清水にも5得点、そしてなにより優勝争いのライバルとなりそうだったC大阪を5-2で粉砕したのは、圧巻の一言だった。

 その川崎でとりわけインパクトを放ったのは、三笘薫だろう。この大卒ルーキーは鋭いドリブルを武器としたチャンスメーカーだと思っていたが、フィニッシャーとしても機能した。10節からの5試合で4得点を叩き込んだ決定力の高さは、特筆に値する。

 主に役割はスーパーサブだが、途中から出てきてこれだけの仕事をされてしまったら、対戦相手にとって厄介なことこの上ない。選手層の厚みと総合力の高さを見せつける今季の川崎の、象徴とも言える選手だろう。

 もっとも、その三笘よりも貢献度で上回ったのは清武弘嗣ではないか。コンディションを保っている今季は、開幕から好調を維持。夏場の連戦にも、全試合に出場をつづけている。

 10節からの4試合では2得点1アシストと目に見える結果も出し、いずれも勝利に直結するパフォーマンスだったことも月間MVPに推す理由だ。堅守が売りのチームにおいて、この清武の攻撃力こそがC大阪を上位に留まらせる要因だろう。

 強烈なインパクトを放ったのは、ジュニオール・サントスだ。今夏に柏から加入したストライカーは、3試合で5得点とゴールを量産。強靭なフィジカルを利用したパワフルなプレーは、巻き返しを目論む昨季王者の原動力となった。

 そのジュニオール・サントスが越えられなかった壁、柏のオルンガも対戦相手に脅威を与えつづけた。とりわけ数的不利の状況で2ゴールを叩き込んだ鹿島戦のパフォーマンスは圧巻だった。もはや個々の力だけでは止められない。その印象をますます強くしている。

 最後に選んだ内田篤人は、功労者としての意味合いが強いが、引退のニュースがあれだけ大きく取り上げられたのはサッカー界では稀有だろう。その影響力の大きさは鹿島だけでなく、Jリーグ全体にも及んでいる。世界と伍した名サイドバック(SB)は、最後までMVP級の存在感を放っていた。