2020.09.04

Jリーグ月間MVPを独自選考。オルンガに競り負けたFWが新天地で開花!

  • photo by Kishiku Torao

外国人ストライカーの活躍が目立った

杉山茂樹氏(スポーツライター)

1位 ジュニオール・サントス(横浜F・マリノス)
2位 オルンガ(柏レイソル)
3位 エヴェラウド(鹿島アントラーズ)
4位 レオナルド(浦和レッズ)
5位 西大伍(ヴィッセル神戸)

 先月末11位だった横浜FMが、順位を6位まで上げた。チームを勢いづかせた選手は今季途中、柏から移籍してきたジュニオール・サントス。初先発した清水エスパルス戦2発、サンフレッチェ広島戦1発、そしてコンサドーレ札幌戦2発と、3戦して5ゴールの活躍を演じた。

 独走する川崎に昨季の覇者、横浜FMがどこまで迫れるか――という、訴求力の高い関心を提供した意義は大きい。今月、最も価値ある活躍をした選手(MVP)と評価したい。

 2番手は柏のオルンガ。8月も7月と同様、6試合で6ゴールをマークした。なかでも印象的だったゴールは鹿島戦で挙げた2点目。1点目と同じ右45度から左足で狙ったシュートだったが、パンチ力が凄まじかった。ワンステップで蹴ったにもかかわらず、恐るべき弾道で鹿島ゴールに吸い込まれた。

 3番手は鹿島のエヴェラウド。7月末の7節まで、清水と並んで最下位だった鹿島が、9位まで順位を巻き返してきた理由は、この選手の存在抜きには語れない。この何年かの鹿島にやってきたブラジル人のなかで、最もクオリティの高いアタッカーだ。

 滞空時間の長いヘディング。パンチ力のある右足キック。本格派でありながら右に流れても、左に流れても、ドリブルで局面を打開する技巧、多機能性を備えた万能型ストライカーだ。

 4番手は浦和のレオナルド。今季の得点9はオルンガに次いで2位。新しくなった浦和レッズの攻撃スタイルに、ハマっている印象だ。

 そして5番手は、8月26日の川崎戦で、山口蛍からのクロスを右足で合わせた西大伍だ。美しい洒落たゴールとして、特筆したい。

 全体として、外国人ストライカーの活躍が目立った月だ。DAZNマネーの影響か、一頃に比べ、その質は確実に上がっている。日本人ストライカー、頑張れと言いたくなるが、これは両立が難しい、痛し痒しの問題であることも事実。まずは外国人ストライカーを讃えることにしたい。