2020.08.29

迫力ある守備を見せるガンバ。
就任3年目で築いた宮本流必勝パターン

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

 とはいえ、ほとんどの時間で自陣に閉じ込められた後半にしても、53分には宇佐美が相手DFとの競り合いを制してロングフィードを拾い、74分にはパトリックが左サイドに流れてタメを作り、いずれも決定的な得点機を作り出している。

 劣勢に見える試合でも、随所に"らしさ"は見せていた。

 バランスの取れた守備と、決め手を持った強力FW。過密日程の今季、2度のJ1優勝経験を持つ古参は、ライバルたちにとっては厄介な存在になりそうだ。

関連記事