2020.08.17

槙野智章が先発すれば負けない。
守備崩壊を救ったベテランの意地

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 先発した3試合で2勝1分と負けなし。失点はわずかにひとつのみ。前節の名古屋戦でも後半からピッチに立ち、5失点を喫した前半とは打って変わって、チームに安定感をもたらしている。守備に不安を抱える今季の浦和にとって、このベテランCBの存在が再びクローズアップされることは想像に難くない。

 終始攻め込まれながらも、2連勝と好調だった広島を結果的に無失点で抑えたことで、名古屋戦の悪夢はひとまず払拭されただろう。もっとも、「よかったのは勝ち点3を取ったことだけ」と関根が言うように、内容的には得るものが少ない試合だったのも事実だ。

 守りを固めて、実際に守り切った点は評価に値するものの、西川や槙野、あるいは関根といった個人のパフォーマンスに委ねられた部分も大きい。

「もう少しボールを握ったりとか、そういう要素が全然なかったので、難しかったと思っています」と大槻監督が言えば、「自分たちがやりたいサッカーではなかった。自分たちからアクションを起こすサッカーをしたい」と関根も悔しさをにじませる。

 結果がすべての世界である。一方で、次につながらなければ意味がないという考え方もある。この勝利に意味を持たすには、次節以降が重要だ。中3日で迎える敵地でのガンバ大阪戦で、その真価が早くも問われることとなる。

関連記事