2020.08.14

交代枠5人の活用を数字で検証。
うまいチームと下手なチームはどこ?

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio


途中出場からでも結果を残している小林悠 しかも、単に選手交代が早くて多い、というだけではない。その質の高さも川崎の武器となっており、交代選手の得点数6は全クラブ中最多。とりわけFW小林悠の勝負強さは抜きん出ており、交代出場だけで4ゴールを決めている。

 加えて言えば、小林は今季、ルヴァンカップでも交代出場で2ゴールを挙げており、合計6ゴール。昨季も公式戦合計5ゴールで"交代ゴール得点王"だった小林だが、今季は早くも昨季のゴール数を上回っている。

 次いで選手交代の有効活用が目立つのは、大分トリニータである。

 交代選手の得点数5と、川崎に次ぐ数字を残している大分は、1試合平均の交代人数も4.7人と多く、先発メンバーの入れ替えも含め、選手のローテーションに積極的な姿勢が目立つ。

 同じことは、湘南ベルマーレにも言える。最新順位(第9節終了)で最下位と苦しんではいるが、ローテーションは活発で、FW石原直樹の勝負強さも心強い。

 どちらのクラブも、現状では下位に低迷しているが、競馬にたとえるなら、"脚をタメている"状態だと言えるのかもしれない。

 対照的に名古屋グランパスは、1試合平均の交代人数が3.8人と少なく、交代枠増の特別ルールをさほど生かしていない。スタートダッシュに成功したとはいえ、先発メンバーの固定化傾向も含めた少数精鋭の戦い方は、今後が心配されるところではある。