2020.08.02

究極のリアリスト。セレッソ大阪
ロティーナ監督の絶対的定理

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 ちなみに、左は右利きの清武弘嗣を使うが、彼はインサイドでプレーメイクし、左サイドバックの丸橋祐介が高い位置を取る機会が多くなっている。

 ロティーナは単なる"守備の人"ではない。それは哲学や理念、キャラクターに近いだろう。究極的なリアリストなのだ。

「今日は難しい試合だった。相手はよく守っていた。2、3のカウンターも食らい、危なかった」

 湘南戦後、ロティーナはそう語っている。自軍の勝利に浸るよりも、敵の守備を賛美し、現実に目を向ける。石橋を叩いて渡る性格なのだ。

 8試合で9得点5失点。その数字は、いかにもロティーナと言える。セレッソは2位に浮上した。

関連記事