2020.07.20

「湘南スタイル」はどこへ?
今季未勝利のベルマーレが苦戦する要因

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao


 ベテランの石原の存在も大きかった。今季12年ぶりに湘南に復帰したストライカーは、後半途中からピッチに立つと、ゴール前で絶妙なポジショニングを取り、松田天馬のゴールをお膳立て。自らも鈴木のCKを合わせてゴールを記録し、短時間で2得点に絡む活躍を見せた。

「前でタメが作れていなかったので、入った時には時間を作ろうと思っていました」

 自身が振り返ったように、石原がピッチに立ったことで縦パスが入るようになり、徐々に湘南に勢いが生まれていった。

 もっとも石原は、チームとしての攻撃がまだまだ未完成であることも指摘している。

「やっぱりビルドアップのところで動きが少ない。1人だけではなくて2人、3人が連動して動いていかないといけないと思います。そこは選手ひとりひとりが同じ方向を向いて、何をするのかということを共有しないと。探りながらやるのではなくて、もう少し明確にしていきたいなと思っています」

 ボールを大事にする意識が高まる一方で、持ち前のスピード感が失われては意味がない。イメージの共有と、スムーズな連動の実現には、まだまだ時間がかかるかもしれない。

 迷いを断ち切り、スピード感を取り戻せるか。ここが復調のカギを握るのではないか。

関連記事