2020.07.19

はや頂点が見えた。「異例のシーズン」の
優位性をすべて備える川崎F

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • ヤナガワゴー!●撮影 photo by Yanagawa Go

 とはいえ、小林も三苫も、自らの役割をスーパーサブと納得しているわけではない。

 小林は「チームはすごくいい状態だったが、自分としては出遅れたというか、絶対点を取るという気持ちはあった」と言い、三苫も「(同じ左FWの)長谷川竜也選手が結果を出しているので、(ドルブルでのチャンスメイクだけでなく)最後のゴールのところの質を高めていかないと」と、ライバルへの対抗心を燃やしている。

 中3日で迎える次節のベガルタ仙台戦、このふたりが先発メンバーに名を連ねていても不思議はあるまい。

 川崎は再開後4戦目にして、リードしながら初めて同点に追いつかれた。順調に勝ち続けていたからこそ、わずかなつまずきをきっかけに、チームの歯車にズレが生じても不思議はなかったはずだ。

 しかしそんなつまずきも、終わってみれば、川崎の強さを際立たせた過ぎなかった。まさに盤石の4連勝である。

関連記事