2020.07.17

強さと美しさを備えたヴェルディが完勝。
名門復活への足音が聞こえた

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

 そこで、永井監督が選手に求めたのは、発想の転換。ある意味で、それまでのアプローチとは矛盾するような要求だった。指揮官は甲府戦を前にして、選手にこんな言葉をかけたという。

「最後のゴール前は定位置を壊していいぞ」

 永井監督は、「その(言葉の)意味を選手が理解してやってくれた」と話していたが、なかでも際立っていたのは、この試合で2ゴールのMF井上潮音と、同じく1ゴールのMF井出遥也だった。

2得点をマークして、チームの今季初勝利に貢献した井上潮音 ふたりの小柄なテクニシャンは、互いのポジションを自在に入れ替えながら、相手のマークを外してチャンスを作り出した。井出が語る。

「自分たちの立ち位置や型があるなかで、自分と潮音のところは動きながら崩すように言われていた。自分たちのアイデアに自信を持ってプレーできたのがよかった」

 1点目は、中盤でMF佐藤優平を中心に、小さなスペースで相手を焦(じ)らすように短いパスを何本もつなぎ、いきなり縦へスピードアップ。最後は井出のスルーパスを、井上が冷静にGKの動きを見極め、ワンタッチで仕留めた。