2020.07.12

今の川崎の強さに通じる、
9年前のスペインで語られた家長昭博の言葉

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 J1第4節、川崎フロンターレが柏レイソルに3-1で勝利した。川崎は、これでリーグ戦再開初戦の第2節から3連勝。再開直後からいきなり中3日、中2日で試合が続くタイトな日程ながらも、3試合合計で9ゴールを叩き出す盤石の勝ちっぷりである。

 キャプテンを務めるDF谷口彰悟は、「内容には詰めるところや修正するところがある」としながらも、「3連勝できたのは、チームとして非常に大きい」と手ごたえを口にする。

2ゴールを決めてチームの勝利に貢献した家長昭博 快勝の口火を切ったのは、家長だった。

 前半40分、右CKがニアサイドの競り合いで相手DFに触れ、ボールはほとんど方向を変えずに後方へ流れると、ファーサイドでフリーになっていた家長の頭上へ。ボールに正対するように正確に頭でとらえたヘディングシュートが、9年前と重なった。多少のこじつけも加えて言えば、今季から川崎が4-3-3を採用し、家長が3トップの右に入っていることも当時と共通する。

 9年前とは違っていたのは、川崎がマジョルカとは異なり、(リーグのレベルの違いこそあれ)1部残留を目標とするのではなく、優勝を狙うチームであること。マジョルカが家長のゴールを含めた2度のリードを守れずに2-2で引き分けてしまった一方で、川崎は後半にも1点を加えて勝利したことだ。