2020.07.09

新戦力の躍動でF・マリノス初勝利。
だが昨季のリズムはまだない

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 湘南はプレスの出足が落ちなかった。特に左ウィングバックに入った鈴木冬一は、エースの仲川を封じ込め、攻め手を奪っていた。前半を守り切ると、後半はスピードのある松田天馬を投入し、裏を狙うカウンターが明確化。その攻撃で押し込んだあとのことだ。

 後半5分、右サイドからのクロスをファーサイドの山田直輝が折り返し、それを中川寛斗が押し込んでいる。

 横浜FMは攻めながらも得点を奪えず、先制点を奪われることになった。細かいミスが目に付く。MFが無理に食いつきすぎてラインを越えられてしまったり、単純なパスミスで裏返されたり、センターバックも昨シーズンの安定感は望めない。リズムは鈍化しつつあった。

 しかし後半18分、天野純、水沼宏太、オナイウ阿道の3人を一気に投入すると、別の顔を見せる。パス回しが速くなり、前への推進力が出た。

「ディフェンス面ではハードワークすることができていたし、我慢強くやれた。その中で、3人の交代によって、違いを示すことができたと思う」(横浜FM/アンジェ・ポステコグルー監督)