2020.07.03

FC東京・高萩洋次郎「過密日程はチャンス」。
J1優勝をどう引き寄せるか

  • 佐野美樹●取材・文・撮影 text & photo by Sano Miki


 そんな高萩は、優勝にあと一歩届かなかった昨シーズンについても、彼らしい言葉で表現する。

「試合を終えた瞬間は清々しい気持ちでした。悔しさというより、ここまで戦えてよかった、これが自分たちの実力なんだなって感じで。あぁ、今シーズンが終わった、やり切ったっていう、スッキリした気分でした」

 もちろん、2位で終わったことに満足しているわけではない。それは、こんな発言からもうかがい知ることができる。

「僕が1点でも多く獲っていれば......と思ったというか。自分が点を獲りたい、ではなく、獲らなきゃいけないな、と感じましたし、自分が点を獲らないと優勝できないなとも思いました。

 僕は昨シーズン、ダブルボランチのひとりとして試合に出ていて、年間2得点でした。でも、あと2、3点多く獲れていたら、横浜F・マリノスとの最終戦で得失点差を気にせず戦えたな......と思っていて。

 そういうところの1点や2点の重みを、もっと年間通して考えてプレーしなければいけないと、あらためて思いました。また、チームとしてもその1点にこだわってやらなければと。得点も、失点も」