2020.07.03

東西分割開催の恩恵がデカいのは横浜FC。
厳しいのは横浜FMとFC東京

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Kyodo News

 しかしながら、ここまで触れてきた有利不利は、あくまでも移動面だけを考えたときの話である。

 昨季J1では上位4クラブを関東勢が占めた。また、今季昇格1年目ながら、台風の目として注目されているのは、柏である。東西分割開催とは、言い換えれば、そうした有力クラブがいきなり潰し合うということでもある。

 東の潰し合いを尻目に、西をうまく抜け出したクラブが再開早々首位を走る。そんな展開も十分に起こりうるだろう。

 今季のJ1は異例の状況下で再開されるシーズンとあって、正直なところ、何が起きるのか、予想するのは難しい。3つのキーポイントに注目しつつ、とにもかくにも再開してみてのお楽しみである。

関連記事