2020.06.29

Jリーグ観戦記者が感じた不安と戸惑い。
ピッチ上には「新しい様式」があった

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Jiji Photo


 ピッチ上でも新しい様式が見られた。

 戦闘開始の緊迫感が漂う整然とした選手入場はなく、両サイドからバラバラと、両チームの選手が集ってくる。団結を感じさせる集合写真も、ソーシャルディスタンスが保たれていた。

「整列も入場もなく、難しい雰囲気で試合が始まった」と千葉のGK新井章太が振り返ったように、選手にとって気持ちを高めづらい状況だったのは確かだろう。

 そうした雰囲気が影響したのか、試合は立ち上がりから手堅い展開となった。

 もちろん試合勘の欠如もあっただろうし、相手の出方をうかがっていたところもあっただろう。ともに守備を重視するチームであることも要因だったに違いない。千葉がややボールを保持したが、互いにゴールに迫れないもどかしい展開が続いた。

 ところが前半終了間際に、均衡が破れる。エリア手前で得たFKを、大宮のボランチ小野雅史が相手に当てながらも直接ゴールに蹴り込み、先制に成功。この1点を守り抜いたアウェーチームが、敵地で貴重な勝ち点3を手にした。