2020.05.27

Jリーグで育ったブラジル代表。
フッキが日本で最も悩まされたことは?

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 こうして彼のあだ名はフッキになった。ジヴァニウドという名前で彼を呼ぶ者はいなくなった。

 フッキ少年はハルクのように大きく筋骨隆々ではなかったが、優れた足を持っていた9。歳の年には地元のサッカーチームでは欠かせない存在になっていた。

 優秀な彼はもっと大きなチームでプレーすることを夢見ていた。しかし、当時の監督だったルジーニョは「誰も彼の言うことを本気では取り合わなかった。それほど彼は小さかった。だが私は彼に注目していた」と言う。

 フッキの父も、彼の持つ才能を信じていたひとりだった。だから息子にビッグチームのテストを受けさせた。勉強は嫌いだが、父親のように屋台で肉を売りたくもない。フッキの中で、サッカー選手になりたいという気持ちが日に日に大きくなっていった。

 15歳のフッキは無名の代理人の手でポルトガルの3部のチーム、ヴィラノヴェンセに入団することになった。ブラジルの東北にあるパライバから突如ポルトガルへという長い旅だった。