2020.05.05

2度の大ケガで苦しんだ本音を吐露。
広島・佐々木翔はどう逆境をバネにしたか

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki


 メンバーは(清水)航平とか野上(結貴)、浅野(雄也)、あとはベガルタ仙台に移籍した(吉野)恭平。(柴崎)晃誠さんも一緒にやっているんですけど、なぜか音声はつなげてくれないんですよね(笑)」

 試合や練習だけでなく、ボールすらろくに蹴れない日々が続いているが、佐々木はクラブや周囲に対して「何かできることはないか」と考えていた。

「サッカーをやっている子どもたちは学校に通えないだけでなく、卒団式もできないということ知って、みんな寂しい思いをしているだろうなって感じていたんですよね」

 そうしたサッカー少年・少女たちに向けて、チームとしてメッセージを送ったりした。もっと交流を図ることはできないだろうか。家で妻と話していると、アイデアが浮かんだ。

 すぐに行動を起こすと、現役を引退して今シーズンから広島のアカデミー普及部コーチに就任した丸谷拓也に連絡した。そして、丸谷がクラブにかけ合ってくれ、広島ジュニアの子どもたちと『zoom』(ビデオ会議システム)を活用して話をする機会が設けられた。