2020.04.13

岩崎悠人「試合が来るのが嫌でした」。
札幌での挫折と湘南での成長

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki


 2020年の初陣となったルヴァンカップの大分トリニータ戦では、2トップの一角として早くも先発出場。続く浦和レッズとのJ1開幕戦、右サイドで起用されたことには驚いたが、メンバー入りすると後半37分から途中出場した。

「ルヴァンカップでは先発しましたけど、そのあとのJ1開幕戦にスタメンで出られなかったことは、正直すごく悔しかったですね。敏さん(浮嶋敏監督)からは、トップでも起用したいし、ワイドでも使いたいと言われていて、中断期間中に行なった練習試合でも何度かワイドでプレーしました。

 今はできるかどうか、試されているのかなとは感じています。そういう意味では、自分のプレーの幅を広げるためにも、いい期間になっていると思います」

 それは岩崎にとって、失いかけていた自信を取り戻すための時間でもあった。

「本当に苦しかったですね......」

 京都サンガから札幌へと移籍した昨シーズンについて触れた時だった。

「全然、試合に出られなかったんですよね。前線の3枚は強烈な力を持った選手でしたけど、そこに自分が絡んでいけなかったというのが、すごく情けなくて......」